読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレグラン渡部の観戦記

アレグラン東海代表の渡部が独自の眼で、ゲームを分析します。記録(数字)や考察に関しましては、観たままのものになりますので、公式データではありません。ご了承ください。

Jリーグ 2017シーズン

今シーズンのJ1リーグも開幕してから、

昨日までの時点で10節まで消化しました。

 

f:id:analysisalegrun:20170508154217j:plain

 

Jリーグ発足から25年目のシーズン。

この年から放映権の更新に伴い、

メディア中継はそれまでのスカパー!によるテレビ中継から、

イギリスのパフォーム・グループが展開する

OTT(*ライブ動画配信)サービス「DAZN」になりました。

f:id:analysisalegrun:20170508155253j:plain

 

また、“Jサテライトリーグ”も再開しました。

実戦経験の乏しい若手育成目的で始まったJサテライトリーグですが、

残念ながら、練習試合と変わらない状況で真剣勝負の場にならず、

2000年代中頃よりJFAも18歳から20歳の強化を進める中、

そのリーグ(*サテライトリーグ)の存在自体を疑問視されるようになっていました。

さらには、サテライト組織とは別に、

第1種のアマチュアチームをJFLや地域リーグ都道府県リーグに参加させる

Jリーグクラブも出てくるようになってきていました。

さらに追い打ちをかけるように、

景気低迷の影響で各チームとも経費削減が急務となっていることもあり、

2009年限りでJサテライトリーグの開催は終了しました。

 

そのJサテライトリーグも昨年より復活。

今シーズンより

J1のベガルタ仙台アルビレックス新潟清水エスパルスサンフレッチェ広島

J2の湘南ベルマーレ

の5チームが参加します。

 

www.jleague.jp

 

サテライトリーグに触れた関係で、

ここでJ1クラブのある数字で見てみましょう。

 

札幌:5人、仙台:2人、鹿島:6人、浦和:1人、大宮:7人、柏:9人、

FC東京:6人、川崎:3人、横浜FM:2人、甲府:0人、新潟:2人、清水:2人

磐田:3人、G大阪:12人、C大阪:17人、神戸:8人、広島:6人、鳥栖:2人

 

・・・

この数字は、直接トップチームに昇格して、開幕を迎えた選手の数です。

(*但し、移籍が挟まれている、地元ユース出身もカウントしたら場合、この数は変動します)

ガンバ大阪セレッソ大阪の数が多いことが際立ちますが、

これはJ3にU-23チームとして参加していることも無関係ではないでしょう。

 

一方で、柏は(U-23が)J3に参加していないのに、トップへの供給数が多く、

『自前で育成するクラブ』として熟成していることがわかります。

 

「J1にふさわしいクラブ」という言葉がありますが、

この“育成”の部分は、プロリーグのクラブにとっては、

とても重要なポイントだと思います。

 

例えば、

「“育成クラブ”としての要素がなければ・・・J1に昇格すべきでない」

ということを理解しているからこそ、

湘南ベルマーレは、今シーズンJ2リーグにも関わらず、

続けてサテライトリーグに参加しているものと思われます。

👆ちなみに昨年(2016シーズン)は、

 ベガルタ仙台鹿島アントラーズ川崎フロンターレ横浜F・マリノス湘南ベルマーレ

 アルビレックス新潟名古屋グランパスエイトヴィッセル神戸サンフレッチェ広島F.C

 の9クラブが参加。

 

 

 

国内プロサッカーリーグの1部リーグ、

J1リーグは、ご承知の通り全18チームあります。

 

f:id:analysisalegrun:20170508160534j:plain

 

 ●ホーム、アウェーの違い

 ●現在のチームの順位(*優勝、ACL枠、降格等の争い)

 ●プレーヤーの故障、累積カードなどによるチーム事情

 ●相手チームへの対策(*システム変更)

 

・・・

試合によって、各チームの様相は変わるものですが、

私は、18チームの試合は最低1試合は観たいと考えています。

 

全て、現地(スタジアム)で観戦、分析することが望ましいのですが、

現実には、かなりの困難をも伴いますので・・・

テレビ中継を通して分析をしていきたいと思います。

 

日本サッカーの最高峰のリーグ、Jリーグが

 

『盛り上がる』

『成長する』

 

ことが、

 

この国のサッカーを成長させる大きな要因になることは

 

間違いありません。

 

 

 

主要国のリーグも気になりますが

 

・・・

 

私たちの国、日本には

 

『Jリーグ』

 

があります。

 

f:id:analysisalegrun:20170508160809j:plain